MirageFairy2019

妖精武器派生表

実用アイテム

ミラジウムの斧

妖精の力を借りて伐採を行う斧。木を切断することに特化した魔法を利用する。

光のロッド

壁を光らせる魔法を発動できるロッド。

実態はインベントリの中の松明を瞬間移動で壁に突き刺しているだけである。

妖精剣

妖精のエネルギーを攻撃力に変える剣。

妖精の心の合計値に応じたダメージを与える。妖精のコストによって攻撃のクールタイムが伸びる。

肥料

燐灰石から作られる。

右クリックで骨粉と同じ成長促進の効果を発揮する。

ミラージュ妖精

ミラージュ妖精

MirageFairy2019を代表するアイテム。様々な品種があり、品種ごとにステータスが異なる。

いくつかの入手方法が存在する。

鉱石

鉱石系ブロックは、地形生成から出土までの間、「鉱石の種」という石と同じテクスチャのブロックとして存在する。鉱石の種は空気に晒されたときにはじめて鉱石やハズレの石に変化する。

宝石系鉱石

宝石系の鉱石ブロックは、シルクタッチ無しで掘ると対応する宝石をドロップする。ドロップ数は幸運のエンチャントで増加する。

燐灰石鉱石

すべてのバイオームのすべての高度に生成される。地下を掘ればどこでも手に入るが、高山ではよく地表面に露出しているため、集めやすい。

蛍石鉱石

すべてのバイオームのすべての高度に生成される。燐灰石と同様、高山バイオームで集めやすい。

硫黄鉱石

すべてのバイオームのY15以下の高度に生成される。ダイヤモンドのついでに狙え、適性高度での生成密度自体は燐灰石よりも高いため、数を集めやすい。

辰砂鉱石

すべてのバイオームのY15以下の高度に生成される。硫黄と同様、ダイヤモンドのついでに狙える。1ブロックずつばらけて生成されるため、遭遇頻度は高い。

月長石鉱石

すべてのバイオームのY40~50の高度に生成される。狙って掘らなければ滅多に遭遇できず、適性高度での生成密度も燐灰石相当とレア。適性高度が半端なため、地下深くの希少鉱物と同時に狙えない点も希少価値を高める。

磁鉄鉱鉱石

すべてのバイオームのすべての高度に生成される。生成密度は燐灰石と同様だが、大きな塊で生成されるため、一度に大量に入手しやすい。

その他の地形生成物

ミラージュの花

森林系バイオームに少し、高山バイオームにわずか、その他のバイオームにごくわずかに生成される花。

破壊するとミラージュの花の種・妖晶・ミラジウムの微粉を落とす。幸運のエンチャントが付与されたツールで破壊すると、ドロップ量が増加する。

ミラージュの花の種は幸運無しでは常に1個、幸運月であればわずかに収穫量が増える。

妖精の樹洞

すべてのバイオームに、天然の原木に置換する形で生成される。そのため、森林系バイオームで見つけやすい。

破壊すると妖精を数体ドロップする。バイオーム系の妖精がドロップする確率が高い。

宝石

対応する鉱石ブロックをシルクタッチのついていないつるはしで壊すことで入手できる。

燐灰石

水の心を象徴する天然石。

肥料の原料になる。

蛍石

風の心を象徴する天然石。

硫黄

土の心を象徴する天然石。

辰砂

火の心を象徴する天然石。

月長石

光の心を象徴する天然石。

磁鉄鉱

闇の心を象徴する天然石。

宝石ブロック

対応する宝石9個とクラフトすることで相互に変換できる。

燐灰石ブロック

蛍石ブロック

硫黄ブロック

辰砂ブロック

月長石ブロック

磁鉄鉱ブロック

ミラジウム素材

ミラジウムの粉

ミラージュの花から微粉の状態で入手できる。

ミラジウムの微粉

ミラジウムの微粉9個とミラジウムの粉1個はクラフトで相互に変換できる。

ミラジウムインゴット

ミラジウムの粉の製錬で得られる。

心の棒

水の心の棒

風の心の棒

土の心の棒

火の心の棒

光の心の棒

闇の心の棒

その他の素材

ミラージュの花の種

ミラージュの花から得られる。

土または草ブロックの上面に植えることができる。

妖晶

ミラージュの花から得られる。

右クリックでなんらかのブロックに向かって使用すると、妖晶を1個消費して妖精を1体召喚することができる。スニーク中に使用した場合、実際に使用せずに、使用した場合の妖精の出現率を表示する。

スフィア

妖精の超能力を宝石に封じ込めたアイテム。超能力の種類の分だけ存在する。

≪攻撃≫のスフィア

≪加工≫のスフィア

≪伐採≫のスフィア

≪発光≫のスフィア

≪火炎≫のスフィア

≪水沫≫のスフィア

ステッキ

いくつかのアイテムのクラフト時に要求される。クラフトに使用しても耐久が残っている限り、耐久が削れるだけで消費しない。

技巧のステッキ

妖精の力を借りて物体に加工や細工を施すステッキ。汎用性が高く、基本的な工具としてよく要求される。

紅蓮のステッキ

燐灰石力を借りて物体を加熱するステッキ。金属を扱うときによく要求される。